テーブル接頭辞(prefix)

Apache、php、MySQL レンタルサーバーにセットになっている単語としての認識はありましたが、実際には意味がよく分かっていませんでした。(自宅サーバーでApacheを動かしたこともあるんですけどね・・・)

WordPressに慣れてきたので、サーバーのwwwと同じディレクトリに直接wordpressをアップロードしてこことは異なるテーマを試してみようかと思いついたのですが、WinSCPでアップロードしてwp-adminにログインしてインストールの直前でMySQLのデータベースとWordPressとの対応はどうなっているのだろう?と素朴に思い、たしかテーブル接頭辞の設定でwp_のあとに数字を入れることになっていたな~なども思い出し・・・。

良く分かっていないので調べて見るとテーブル接頭辞(prefix)ってのは1つのMySQLサーバーに2つ以上のWordpressを対応させるのにデータベース内で区分するための番号だと理解しました。

Zenlogicは流石に高級なだけあってMySQLの設置数に制限はないことが分かりました。でも・・・どうやって複数にするのか良く分かりません。

調べて見るとphpMyAdminという管理ツール(ビズ2の時にこの設定をした記憶があります。)で新しいMySQLのデータベースを作成できるということのようです。

phpMyAdminにアクセスすると以前に作ったtestというデータベースがありなんにも使ってないので削除しました。

それにしても知らぬが仏というか、mt5とWordPressはmysqlで共存していました。テーブル接頭辞がmtとwpで異なるから共存できるようです。(mt とか wpとか付いていないファイルも見えたけど・・・)

まあ、以前から共存させていて問題がでないので今更分離するのも危険そうなので止めにしますが、2つのWordPressを共存させるのは別のMySQLにした方が良いようですしね。

知らない(あるいは忘れている)ことばかりいくつになっても勉強です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする